読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

生憎の曇天で

昨日も天気が良くなかったし、非常に嫌~なことも起きました。今日も曇天だし、正直気分も体調も降下しまくってます。

悩み事スペクトラムと不機嫌スパイラルのダブルパンチに苦しめられています。昔は天気が悪いと言う理由で、調子を著しく落としたりすることなんてなかったんですよ。

「あー、天気悪いなぁ、やだなぁ」程度で済ませていたわけですが、最近はそうもいかないみたいですねorz

アクの強い人間には?

まず、アクの強い人間をどう受け入れればいいか?そんなのわかりませんよ!だから、「受け入れる」のではなく、「人間じゃなくてそういう生物なんだ」と考えて動くしかないのでしょうね。

そんな人間はまず、自分のアクの強さなんて認識してませんよ。以下の一言に尽きます。

フグが自分の毒で死ぬか!

これはドラえもんの台詞ですが、ジャイアンの歌をフグの毒、ジャイアンをフグに例えているうまい表現だと感心しました。

しかし、アクの強い人間ほど会社の創業者だったり重要なポストにいたりするので、本当に難儀させられるでしょう。俺もそうでした。本当に嫌でした。

施設にも確かにそんな利用者はいます。確かに厄介ですし、他の利用者に迷惑はかかるわ、職員泣かせとしか言いようありません。

まず、できることは「距離を置くこと」「問題の住み分け」に尽きると思います。アクの強い人間は周囲を振り回しても気づかないし、むしろ周囲がスルーするようになると、「見捨てられ不安」に近い感情を抱くので始末に負えません。

最低限、アクの強い奴に振り回されないようにすることが、一番の自衛策かなと思います。

人の善意ある限り

昨日、支援センターで福祉シートの抽選会があって、外れてガッカリしているところを、50才くらいの某障碍者にからかわれたのでキレたのもありまして、昨日今日と落ち込んでいました。

今日になって、センターへの電話相談のついでに話を聞いたら、施設長がそのバカおやじをたしなめてくれたそうので、これで溜飲が下がりました。(本人は恐らくわかってないんじゃね?w)

障害者だからどうこうじゃない。俺はこういう無神経な奴が、年上の障害者だろうと許せなかっただけです。会社じゃなかったからよかったものの、会社でこんなことをやるのなら、もはやクビ覚悟ですね。前述したように、アクの強い奴はトップに居座ってるもんなんで。

司会役の人はそのおやじの悪行に気づかなかったようで、電話越しに申し訳ないと何度も詫びていました。確かにその人も至らなかったかもしれないが、反応した俺も悪いし、特にそのバカが悪いじゃねぇの?ってところですね。

やっぱり、わかってくれる人がいたから、俺は奴を殴らずにすんだのかもしれません。多分殴っていたら、悪者になるわ、俺の手が穢れるだけだし。

今日、駅前ビルのテナントで2回福引をしましたが、6等の花火だけでした。花火をもらってもオッサン一人が楽しむわけにもいかないので、駐車場のエレベーター前でぐずっていた男兄弟にあげてきました。すると、彼らのお母さんが本当に感謝した様子でお礼を述べていたので、「人の役に立ててよかった」と思いました。

自分自身、施設どころか社会の役に立ってないので、これぐらいはしないといけないなと思いました。どれくらい善行を積めば、カルマを浄化すれば、俺は就職できるんでしょうか?お釈迦様?(おい