読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

今日は曇ってばかりで

雨模様でもないが、かと言って快晴でもないという微妙な天気で、気持ちも微妙になっていました。

今日は土曜プログラム・お好み焼きパーティーの日でしたが、俺はMOS対策をやりたかったので、パーティーの準備には参加せず、対策終了後に参加することにしました。

職員さんとギクシャクしたり、就職を決めて卒業した仲間がせっかくやってきても話がかみ合わないことに加え、さらに東京の伯母への気疲れも手伝い、気持ちが落ち込んでしまいました。

そんなことがあり、勉強効果が上がりませんでしたが、仲間やワーカーさんの励ましもあって、何とかMOS対策ソフトの模擬テスト3を終了させることができました。

お好み焼きパーティー

施設長に呼ばれてパーティー会場に入ると、その道中からすでにお好み焼きのいい匂いが漂っていました。

仲間に関西出身の男性がいたので、焼き方の実演をしてもらってから、作業に入りました。…しかし、鉄板の状態の見極めが悪かったのか、焦げ付いてしまいましたorz

それでも彼にフォローしてもらって何とか焼き上げましたが、黒こげでした。つなぎに山芋を使っているので、中身がふんわりとした食感になっていておいしかったです。2枚目も失敗したとはいえ、同じくらいおいしかったです。

家族でお好み焼きをやる時は、いつも親父が焼いているので、こうして俺自身が焼くのは初めてかもしれません。お好み焼きを焦がしてしまったけれども、楽しいひと時を過ごせてうれしいです。

その後、お好み焼きのタネが余ってしまったので、職員さんらがベーキングパウダーを新しく加えて、炊飯器のケーキモードでパンを焼きあげました。

食べてみると、お好み焼きミックスを使っているだけに塩味が強く出ていましたが、ベーキングパウダーと山芋の力でふんわりと仕上がっていました。

後から来たマラソン参加の利用者も加わってパンをつまみ、このパンを売り出すかという冗談で盛り上がっていました。

今回のプログラムで、草葉の陰の恩師が学生時代に教えてくれた一言を思い出しました。

「『和』という字は、穀物を指すのぎへんと、口のつくりでできている。つまり、食べ物を交えて、相手と話すことでお互いにつながるという意味なんだよ」

みんなと一緒の食事がうまく感じるのも、そこにあるのかもしれませんね。