読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

明日から施設外就労

明日から施設外就労が始まります。正直いろいろな思いが俺の胸中にあります。

「2年間もかかってようやく施設外就労かよ!」という遅きに失した悔しさ。前にも話しましたが、前任の施設長と冷戦状態にあったために、マトモな支援を受けられなかったことが原因でした。向こうの色眼鏡攻撃にも、ニコニコして返せていれば、最初からこんなことにならなかったという思いもありますが、もう済んだことですので、次を考えることにします。

今まで施設で学んだ技術を生かす作業が出来るという喜び。通所中の施設では、農業実習という選択肢しかないというのが弱点でもあり、魅力の一つでもあります。俺が頑張れたら、もしかすると今後の人にも、パソコンを使った企業への選択肢が増えるかもしれません。

2年間のブランクへの不安。これが一番大きい気がします。実習生に近い身分とはいえ、一般企業で働くとなると、本当にやれるのかという思いがあります。それでもやらなければ、何も残りませんし、先方は俺に対して何がしかの可能性を見出してくれているので、辛くても行こうと思います。

期間雇用のようなものですが、これがターニングポイントだと信じて、会社の求める成果を出せるようにしていきたいと考えています。

俺を苦しめるDBDマーチ、そして人の愛と善意

いつもお世話になっているPSWの一言で、俺は今までぼやけていた思いに気づきました。俺は人を傷つけたくて傷つけているわけじゃない。俺の行動で人を傷つけてしまうことが多いだけなんだと。

その傾向を表していたのが、発達障害当事者に典型的なDBD(Desruptive Behavior Disorder;破壊的行動障害)マーチでした。日本語にしてみれば、破壊的な行動障害がマーチ(行進)のように続いていくという意味です。

DBDマーチの原因となっていたのは、減点法だけの評価が施設長などからなされて、自尊心が傷ついていたことでした。「あんたは大企業ばかり受けている」「今のあんたには就職先を紹介できない」「あんたを怖がる人がいるから、SSTは参加させられない」…などなど、よくない点を言うだけ言いっぱなしで、かつ改善の見通しをつけずにお茶を濁されたままで、自分に自信がつくわけなんてありません。

俺は、本当にやさぐれていました。常に自己不全感を抱えて周囲に八つ当たってみたり、挙句の果てには物に当たったりしました。こんな有様ですから、就職活動なんて、うまくいくわけがないんですよね。徐々に、自分と周囲との関係が破壊されていくのは時間の問題でした。取り返しのつかない関係もありましたが、中には俺の変化に気づいてくれて、光を当ててくれる職員や利用者の存在がありました。俺は、彼らには感謝しきりです。

恥ずかしながら、DBDマーチの原因は自分にあったわけですが、その引き金を引いたのはほかでもない前任者です。利用者の目から見て、彼の仕事ぶりは杜撰極まるものだったと思います。面倒くさかったり前例のないことはやらない。無事是名馬*1を地で行くくせに、ワークショップの受け売りの知識を駆使してきれいごとばかり言っている。英語で言えば「red tape」(古典的官僚主義)ばかりやってるわけですよ。福祉の世界では時間の進み方が緩やかだから、時代の趨勢に追いつくのに時間がかかるというにしても、実にひどすぎる。こんな有様でしたから、割と新しく認知された発達障害という障害者には、対応しきれていないと言えばそれまでなのかもしれません。

DBDマーチは、誰にもありうることだと思います。自尊心がズタズタに傷ついたりしてみれば、周囲への報復よろしく誰かを傷つけようとすることだって出てくるでしょう。その行為を咎めるだけなら誰だってできます。一歩踏み込んで、相手の変化と気づきを信じて辛抱強く見守ったりすることも必要ですが、これはなかなか難しいことです。心のプロでも、できる人とできない人が真っ二つに分かれる部分かもしれません。

発達障害支援の用語で「エンパワメント」ということばが出てきますが、直訳すると「パワーを与える事」という意味です。自分は突っ込んだ意味はよくしりませんが、俺なりに言わせてもらえれば、愛を下地にした対峙さえうまくいけば、人を元気づけることはできると思います。愛とは、いかに相手のことをどこまで思いやり、大事にできるかにつきます。自分はまだそこまでたどり着いていませんが、自分の周囲には数名いるというだけで幸せな気分になります。おそらく、この状態もエンパワメントなのでしょう。

事実、俺は人の愛と善意によって、何度も救われてきました。だからこそ、今度は俺が恩返しをしていく番だと考えています。情けは人のためならずと言いますからね。

明日は早いので、シャワーをさっさと浴びて、寝ちゃいます。おやすみなさい。

*1:菊池寛はいい意味で使っているようだが、俺は事なかれ主義で突っ走ってすべてよしと済まそうとする風潮を皮肉る意味で使っています