読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

喜びも ちうぐらいなり おらが秋

まずは北海道日本ハムファイターズのリーグ優勝にお祝い申し上げます。

おめでとうございます!

その時にフラッシュバックが起きてしまい、些細なことで家族に暴力を振るうところでした。せっかくのめでたいムードが想像上のゲス野郎どもにぶち壊されるとなると空しさと悲しさで胸がいっぱいになります。

確か、4年くらい前は日本シリーズジャイアンツと戦い、7戦目で多田野の危険球退場のジャッジが許せないと憤っていた記憶があります。それだけにジャムパイヤの多い東京ドーム開催をカープベイスターズに阻止してもらわねばなりません。俺がアンチ巨人なのはチビデブ小物ヤンキーと老害ナベツネのせいであります!(ナメクジ軍曹口調)

家族における病理

遺伝という観点では発達障害も遺伝しうるものだと思います。親父はいかにも発達障害未診断でかつ誤学習のまま生きてきた部分があるので、時代が変われば俺のように社会から排除されることもあるでしょう。怒鳴る上に否定上書き保存を平気でしたがる。おまけに家族を所有物と見なければ気が済まない部分があります。

そんな中でお袋は亭主関白に黙って従って生きてきました。他の女性なら間違いなく離婚かカサンドラ症候群などになって心身を蝕んでいくことでしょう。俺が生まれるずっと前に親父は離婚したようですが。

俺の子供時代は発達障害の早期発見・療育という概念はなく、落ちこぼれはそのまま排除しろというものでした。IQが高かったり勉強が抜きんでてる発達障害児は看過されて当たり前だったと思います。そのくせいじめられたら自己責任っていうからマジで始末に負えないなと文句を言いたくもなります。

従兄に関して言えば、俺の状況をお袋から聞いて「俺も発達障害かもしれないなぁ」とつぶやいたそうです。しかし、人間関係については常に衝突を繰り返し、気づいてみれば早稲田を出ても職場を転々とし資格もスキルも身につかないまま、運送補助のアルバイトをしているそうです。実家にいるから何とかなっているものの、親がいなくなったらどうするかと考えてしまいます。俺にも言えることですが。

従姉はよく勉強ができ一浪の末早稲田大学に進学しましたが、一人暮らしの時に自炊の仕方がわからなかったらしいです。食事の代わりにお菓子を食べていたことが引き金になって1型糖尿病にり患しました。叔父が糖尿病だったのが大きな原因だとお袋は言ってました。読み書きはできるとはいえ、呂律が回ってない状態なので、働こうとしても面接や試用期間で断られてばかりとのこと。糖尿病では障害年金の対象にはならず、病身に鞭打ってアルバイトをしていたと聞きました。

こんな状況下でも叔母は彼らの栄光が忘れられず、ツンケンしているような印象を受けます。明るくて話好きだった人も自分の都合で電話を掛けられては嫌な面が出てくるわけでね。本人はそれを隠しているつもりでも、わかる人にはわかるものです。自分では言うつもりはなかったのに、町内会の人にバカと言ってしまい、その後の関係が悪くなってしまったという話も聞きました。こういう人ほどメンツにこだわり、自分一人の力で生きていられると息巻いているのでしょうね。自分の娘がヒーヒー言ってるのに救急車呼ばなかったりするのもマジでおかしいんじゃないかって思いましたし。

今の時代では情報化社会になっているとはいえ、家族が意図的に遮断すると本当に福祉へのアクセスができなくなるんだなと実感しました。俺の場合、漫然とした生きにくさが実に堪えがたくて福祉界隈を彷徨っていました。その感情さえも親父に全否定された上に上書き保存されかけたこともあります。

親が子供を所有物として扱う行為が家族での病理なんだと俺は思います。