Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

石井さんの講演を聞いて

多少早口ではありますが、わかりやすい説明で親しめました。
本当は支援者向きの講演でしたが、当事者が聞いても大変ために
なる行事だと思います。



石井京子さんは、テスコプレミアムサーチという障害者雇用
人材紹介会社の代表取締役をしていますが、実に気さくで偉ぶった
ところがなく、非常に安心した記憶があります。



今回は「障がい者雇用の支援のために」というテーマで進めて
いきましたが、実際テスコで関わった人の実例を出した上で、
なすべき配慮等の知恵を披露してくれました。



中休みの時に、持ってきていた石井さんの著書にサインをいただき
ましたが、名前を書いてもらうだけでは寂しいので、座右の銘を
書いていただくことにしました。少し戸惑いながらも、しっかりと
こう書いてくれたのです。



「発達障がいを持つ人の就労支援のために」



話がすごくためになるものでしたので、聞きに行ってよかったと思います。
ただ、高エネルギー型の当事者といると疲れます…。オマケに行動も幼い
ので、イライラするわけです。



べてるの家の本でも、精神障害のある当事者が、「職場のおばちゃんが
私のことを陰で笑いのネタにしてるけれども、自分もきっと相手から
見たら嫌な奴なのかもしれない」というようなことを言っているくらいです。



自己イメージ以前に、もう少し人への行動を考えてみる必要はあると
思います。もちろん、自分も含めてですが…。