読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

曇天模様の週末で

今日は久々に家族4人で登別温泉まで行ってきました。3つくらい写真は撮ってきましたが、今回書きたいネタが浮かんだので、明日以降の更新で登別でのことを書きます。

シゴトサロン閉鎖

北海道アルバイト情報社(HAJ)が運営するシゴトサロンが今月末で閉鎖するという知らせをメールで知りました。

ハロワのDQN職員のお陰で就職活動がうまく行かなかった中、HAJは民間企業のノウハウを生かした企画で、自分にたくさんの知識や経験を得る機会を与えてくれたと大変感謝しています。

「年内就職内定大作戦」と銘打ったイベントでは、面接での1分間自己PRに役立つ訓練方法を教えたり、イベント終了後には社員の方が履歴書の簡易添削を受けたりしていただきました。

シゴトサロンの無料講座でも決して手を抜くことなく、むしろ真剣に社員さんが就職講座に取り組んで頂いたことは今でも忘れません。

自分は障碍者雇用に切り替えたために、しばらくそこから遠ざかっていましたが、閉鎖の知らせを聞いてうらさびしい気持ちになりました。

彼らへの恩返しのためにも、就職内定を得て、一人前の社会人として働くことが出来るようになりたいと心から思います。さようなら、そしてありがとうございました。

稲葉篤紀2000本安打特別企画

今週の木曜日の北海道新聞朝刊に、ほぼ一面を使って「稲葉篤紀2000本安打特別企画」が行われました。概要は、稲葉篤紀選手への一言メッセージ掲載と、facebookから応募した人たちのプロフィール写真を使った2000本安打達成写真のコラージュを大きく掲載するというものです。

f:id:uncleissue:20120518082813j:plain

俺は一言メッセージを送ったわけですが、母親に言うとうれしかったのか、後から蛍光マーカーで俺のメッセージが目立つように線を引かれました(苦笑)

f:id:uncleissue:20120518082850j:plain

個人的にはうにちゃんさんの「これからも生涯『ハムの人』でいて下さい」というメッセージが、トンチが利いていてよかったなぁと思います。

自分が先日送ったメッセージは素直な気持ちには変わりありませんが、北海道経済が地盤沈下して、富山県の官僚出身のお嬢様知事ではドーモナンネーという状態の時に、ファイターズが北海道移転し新庄劇場をきっかけにガラッと化けて日本一になってくれたので、それだけでもありがたかったですよ。

ファイターズが北海道に元気を与えてくれたと言っても言い過ぎではないくらいだと考えています。もちろん、稲葉さんのサービス精神は個人的にも大好きです。一度、彼を某レストランで見かけて握手を求めると、笑顔でしっかりと握手を返してくれたこともあり、以来彼を熱烈的に応援しているというわけです。

今後とも北海道の元気として、野球を続けてほしいと切に願います。