Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

障害者雇用の限界

昨日の帰り際、上司に呼び止められ、自分の作業量とスピードが落ちていることを指摘された。最初は体調不良じゃないのかと聞かれたがさすがに認めるわけにはいかず、謝罪しきり。

諭すように言われたのでぐうの音も出ずに帰宅したが、両親に言ったらうえめせでしっかりしろ、仕事のことだけ考えろなどと言われた挙句、人のプライバシーにも関わることをずけずけと言ってきたので一晩中悶々と悩んでいた。今日は家から離れて外食してコンビニよって帰ってきたが、相変わらず両親はキーキーうるさい。

世捨て人にマジでなりたいほどまで精神状態が悪化していたが、Twitterであるフォロワーさんからヒントになるリプを頂いた。
発達障害の場合、障害者雇用でも仕事に慣れてきたら、上司らの期待値も上がってきて、本人が障害者であるという事実をすっかり忘れているのではというものだった。
これは発達障害障害者雇用あるあるらしいが、まさにその通りだなと思った…。

俺の仕事は完全なる肉体労働である上に、新型コロナウイルスやアレルギー性疾患の危険にさらされる業種なので、テレワークもへったくれもない。彼らのような奴が指揮官で、俺みたいな奴は銃持って戦場を駆けずり回る一兵卒なんだよな。現場監督あたりは俺みたいな奴に対しても何かあれば早いうちに対処しなければならない。

企業の新卒至上主義はまだまだ根強く、人材の没個性化が急速に進む一方で、今だに性別や年齢、障害等で門前払いする企業の何と多いことか…。
若い人材で障害が分かりやすく対処しやすい「キラキラ障害者」がアイコンとして消費される一方で、俺のような奴は使用者のCSRを満たすだけの作業員でしかない。
業績が伸びてる会社は徹底した効率化、失敗の少ない育成システム等という鋳型に人を押し込めた挙句、学歴や障害によるフィルタリングで選別してしまう。

所詮、資本主義経済では福祉とは水と油みたいなもので、大企業の特例子会社じゃない限り、厚労省の定める障害者雇用率なんてクリアできないわけで。
大抵の企業は追徴金を払ってでも障害者よりも定型発達者が欲しいのである。正確に言えば、ボランティアに近い低賃金で一流の働きをしてくれる企業に都合のいい人材である。
経営にはロマンがあると語ってる人は、ガチで距離置いた方がいい気はする。

肝心の福祉も役所の水際作戦で、働けるギリ層の申請をシャットしているのである。社会保障に税金つぎ込みたくないくせに、自分らの既得権益は持っていたいという命根性汚い奴らが上級国民様(笑なので、怒りを通り越して閉口する。安倍&公明党政権が崩壊していっそのことカオスになった方がまだマシなのかもしれない。

障害による不利益を表に出さずに企業の求める成果を出すという極めて矛盾した論理を、政官財が押し通そうとする所に俺は障害者雇用の限界を感じる。
はっきり言って、就労移行支援事業はムリ層の楽園だと思う。

正義マンという存在

自分の正義をやたら押し付けてくる奴がいる。それが正義マンだ。
特に現場での権限を握ってる奴らに多い気はする。

今日、職場で社外のお客様を社員さんに取り次いで場を去るタイミングを見ていたら、お局の右腕が「仕事に戻ってくださぁい」と言ってきた。
彼女だって暇見つけては誰かとくっちゃべってるくせに、テメーの正義ぶん回していい気になるなよって思う。

話しかける傾向を見てたら、俺への仕事上の注意にかこつけた嫌がらせにもとれる行為が多い。
確かに彼女はマグロのように動きまくってバリバリ仕事するのだが、性格が非常にキツく高い水準を求めてくる。

正直、反発もしたいところだが、一言えば十以上返してくるのは確実なので我慢するか逃げるかしかないのだが…。
少し前までは「もっと早く仕事出来ないんですかぁ?」などともいわれたりした。俺が障害者雇用で入ってることは上司から聞いてるはずなんだが、多分自分のことで精いっぱいだから俺を服従させようとしてるんだなって思う。
かつて絶縁した叔母もそいつと似たようなところがある。世渡り上手で弱い奴への言動がキツい点が特に共通している。

これが進むとポリコレなんぞと言って、政治的な正しさだけで突っ走るようになるから始末に負えない。
世の中は割り切れない部分もあるが、ポリコレ棒で殴ることだけが正しさではない。

彼女らは全体主義に溶け込める分、孤立してる奴をいじめることを平気でやる。
みんな仲良くの陰でクソ涙を流してるのが俺みたいな障害者雇用の人間なんだよ。

厚労省や支援職の人間は、この現実にも向き合ってほしい。

発達障害と反出生主義

Twitter発達障害クラスタの皆さんとやり取りしたり彼らのツイートを読んだりしてると気付いたことがある。

発達障害者ほど高確率で反出生主義になりやすい傾向である。
とりわけロスジェネの発達障害者であれば、医療福祉面での支援を行政から満足に受けられず、その上健常者や自分の親類などから人間のクズ呼ばわりされるのでは、自分自身の存在意義すら否定したくもなるだろう。
「自分なんて生まれてこなければよかった」「自分に子供が出来たらいばらの道を歩ませることになる」などネガティブな想像しか頭に浮かんでこないわけで。

原因としては、父権もしくは母権による家族支配が長らく続き、発達障害が未診断のままで学校や職場に放り込まれたということが大きいとにらんでいる。
九分九厘、親側こそ発達障害精神障害の特性があるものだし、年功や体格差でマウンティングして利益を得てもいいと誤学習している可能性は非常に高い。
アレントレーニング以前に、親にもWAISやら心理検査受けさせて、精神科医が厳然たる診断を叩きつけてやれやってマジで思ってるからね、俺は。

おまけに学校や職場で居場所を奪われ陽の目を見れなかった奴も、存在してると考えている。
ガンダム芸人若井おさむさんも家族ぐるみで虐待を受けて育ってきたが、彼も闘争の日々を送ってきたことは明らかだろう。
ネット記事ではあるが、彼の苦悩の日々はTwitterにもワード検索で上がってくるほどだ。

俺も高校時代入学式からDQN連中に目を付けられてはいちびられ、中ボス格のDQNの嫌がらせにトイレ掃除中にも拘わらずブチきれて返り討ち覚悟でケンカを売りに行ったが、バカ国語教師が止めに入りやがったので、今でもそいつもまとめてボコボコにしたいと思っている位だよ…。

日本では少子化ガーと昭和のクソ老害政治家が周章狼狽しているが、テメーらがまいた種だろと双手刈りからのマウントでボコボコにしないとマジで気が済まない…。
おまけに介護業界では外国人実習生を呼んででも人手不足を解消させたいと言う姑息さが俺には許せない。高校時代の友人が今ベテランの介護福祉士をしていて、日々奮闘しているのを聞いてるからだ。

「お年寄りを大事にしましょう」なんてお題目なんぞ、きょうびのプリウスミサイル老人、チンピラ老人などを見てたら、マジで言ってられなくなるだろ…。
俺はいいたいね、「他人から大事にされたかったらまず他人を大事にしろよ!」と。

やさしいとかいい人だから介護やら福祉に送り込むのは、明らかに本人の適性を無視した無責任かつ野放図な提案である。
俺も母から「Issueは優しいから福祉に向いてる」と言われたが、それではあかんのよ…。
福祉にせよ、臨機応変、適切な専門知識や技術が求められるわけで、単なるお人よしではパワハラお局職員に潰されてアウトだよ。

少子化と反出生主義を解消するには、まず金と職、居場所を与えてやれっつーの。
それすらしないで「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」って戦中かよ…。

足りないのは貴様らのオツムじゃぁああああ!

「誰でも出来る仕事」という愚かで見当外れな評価

たびたび福祉職や土木職は誰でも出来る仕事という意見も耳にするが、断固として異議を唱えたい。
正確には「作業自体が誰でも出来るように見えるだけ」で、実際は職権によって出来る範囲も変わってくるんだよ。

介護にしてもただお世話すりゃいいってもんじゃなくて、痰の吸引になったら職場での資格者を呼ばなければいけなくなったりするらしい。
土木にしても、玉掛やらフォークリフト、クレーン車の扱いで資格が求められるわけで、測量で言えば測量士測量士補のない奴は道具持ちなどのパシリよ。
土地家屋調査士になればよそ様の土地や家屋も扱うから、無資格者のアンポンタンにいっちょかみをやられては違法行為になっちゃうわけで。

某所でキャリアカウンセラーさんのお話を聴く機会があったが、その方が言ってたことで一番印象に残ってるのがこれ。

「知らない職業には就けない」

自分に知識がない職業には絶対につけないし、運よく就けたとしても職場で嫌われるだけでしかない。

村上龍さんの「13歳のハローワーク」、テンプル・グランディンさんの「発達障害者のハローワーク」などの書籍は出ているものの、日本独自の就労制度としての基盤が脆弱になっていると俺は感じる。新卒至上主義のお陰で、職業観と自己像のギャップで潰されて、やり直すにも障害者雇用では低賃金労働者になってしまうという例も俺は見ている。

俺の場合、B型事業所含め約4年間通所していたが、どんなに頑張っても事務職やIT職には就けず、就けたのは商品補充員だった。しかも、事業所側は最初の1か月程度しか定着支援をせず、お局に目を付けられ職場でいじめを受け始めたころにはサビ管が出て来て一方的に悪者にされ、お局一派から蛇の生殺し状態を今まで受け続けてきた。一つ目のなかぽつとは関わりが浅かったが、現在支援を受けているなかぽつには面接対策や履歴書添削等でお世話になっている。

商品補充員も誰でも出来る仕事に見えて、マルチタスクだったりする。

  • まず商品補充を徹底的にマスターする。
  • 職場での人間関係に加わっていく(力関係を完全に把握する)
  • お客様に尋ねられたら手を止めて応対する
  • 売り場のメンテナンスはもちろん段ボールごみを散らかさない
  • 全体主義・事大主義の職場でも孤立しないように立ち回る

…など、とてもじゃないが、自閉度がバチクソ高い発達障害者などに出来る仕事ではない。

簡単に見える仕事でも実はこれだけタスクが重なってたりするんだってことをわかってくれればうれしいなと思っている。
どうか、簡単な仕事であっても誰でも出来る仕事だろなんて言わないでほしい。お願いします。

ほぼ1か月ぶりのブログ

世界のコロナパニックで札幌市・北海道が共同緊急宣言を行う事態になり、俺の所にも様々な弊害が生じています。

  • 某社のWeb適性検査を通過して面接を受ける予定日が延期になった。
  • 家に籠る機会が増えたので、どうしても過干渉の親からのストレスを受けてしまう。
  • 業種が小売業でも休業できない会社なので、コロナでオラついてるお局一派からのストレスを一層受けてしまう。

この三つだけでも心身が悲鳴を上げてしまう状態です。

発達障害者を潰す方法

発達障害者を潰す方法は簡単です。以下の事項が完全にそろえば自動的に潰れてくれます。

  • 昭和式子育てにどっぷりつけこむ(怒鳴る・殴る・喚く)
  • 親戚などのお年玉はボッシュート(あなたが大人になったらあげるからね)
  • 世間様の価値観を叩きこむ
  • 条件付きの愛でがんじがらめにする(テストで100点取った時だけ褒めるなど)
  • アニメ・漫画・ゲームなどのサブカルチャーへの接触を厳禁する
  • テレビ・ラジオ・ネット等の媒体への接触を禁止する
  • 子供の交友関係を限定する
  • 達成困難な目標を達成させようとする(例えば現役で東大理3合格)
  • 子供のリビドーを完全否定する。エロ本・エロマンガエロゲーは没収!
  • 体育会系会社にぶち込む
  • 福祉ヤクザ*1に下駄を預ける
  • 就労移行支援事業所などにぶち込む
  • 自分がヘリコプターペアレントになる
  • 子供のモノは親のモノ、親のモノは親のモノを実践
  • お花の社長のホメオパシー等を実践させる
  • 福祉からのアウトリーチを完全遮断した上で野に放つ

…など。

本当に枚挙にいとまがない。西洋には「他人の家の食器棚にはがいこつが隠れてる」ということわざもあるようですが、上記のような行為が日常化かつ慢性化しているのなら、児童相談所案件になるでしょうよ。

毒親は自分がそうであることを自覚してません。
むしろ、精神性が「世間様に顔向けできるように」という謎の体裁からなってるので、そんな親の下で育った子供は九分九厘幸せを感じられないでしょうね。

俺が言いたいのは、発達障害者を社会的に戦力にしたかったら上記と逆のことをしなさいよってことです。
今まで述べてきたのは、親本位の子育てです。

子供の幸せを願うならば、基本的部分を押さえつつ、子供の自主性や自尊心を育ててもらいたいのです。
理想は、子供が成人する前に子離れ出来る状態ですね。

毒親一家は自我が確立しないように足の引っ張り合いをしてる上に共依存状態に陥ってるわけですよ。
だから俺は嫌なんだ。

*1:引き出し屋などの障害者をだしにゼニ儲けするクソ野郎ども

久々にブログでいいたいことを

最近までは、もっぱらTwitterばかりやってました。
140文字で自分の思いを伝えるのは少々きつくなってきたのもあって、たまにブログでも語ることにしました。

特に言いたいのは、見えにくい障害者への選択肢の少なさについてです。

身体障害や知的障害の当事者については、従来の福祉制度にある特別支援学校や就労移行支援事業所などが考えられやすい。
しかし、発達障害精神障害だと無理矢理普通教育や一般就労に過剰順応するか、それらの支援を受けざるを得なくなってしまう。

それじゃいかんのだと俺は思うのです。

現に引きこもりや発達障害者等の支援が不足しているどころか、引き出し屋や悪徳福祉事業者など福祉ヤクザの跳梁跋扈を許してしまっている。
例え順法精神をもって取り組んでいる事業所であっても、福祉的見地や制度上のしがらみで職員はおろか利用者も「サーカスの象」状態になっているのは
断固として許してはなりません。

俺は4年ほど事業所に通っていましたが、PCを使えるようなデスクワークではなくそれと無縁の肉体労働が主体の小売業に就職してしまいました。
就職してから2か月ほどは定着支援もありましたが、施設側の人事のごたごたでそれも立ち消えになった挙句、職場での人間関係の衝突に介入も
してくれずお局一派の反感を買うだけの支援でしかありません。

現在、なかぽつにも支援を求めていますが「コロナパニックで求人も激減」の一点張りで一つも求人にありつけていない状況です。
さらに優良求人紹介所にも登録しましたが、同一賃金等の改革の煽りで担当者が奔走している様子です。
主治医に不安を吐露するとコロナパニックの揺り戻しは必ず来るとは言われましたが、正直いつ来るのか見当もつかずため息ばかりです。

福祉制度の崩壊がコロナパニックによってさらに加速しそうな勢いだとにらんでいます。
キラキラ障害者の幻想にしがみついてる場合じゃなくて、ギリ層も戦力として取り込める仕組みを作らなければ、日本の福祉行政は敗北宣言をしなければならない。

俺だって薬の副作用(胸やけや口渇)に耐えながら肉体労働してんのよ。
本当ならばPC使って仕事したいですよ。それをさせてくれないのは、俺の努力不足やら自己責任だけのせいにされてもマジでかなわんわ。

親から見た息子の発達障害

今日は、今年2つ目の面接でした。

3対1形式で行われたのでかなり緊張しました。
さらに薬の副作用も手伝い、喉が渇いて仕方ありませんでした。
面接は30分ほどで終わりましたが、酒のスーパーで1時間ほど買い物して
さらに10分ほど離れた店でパンケーキを食べて帰宅。

[tabelog:150397:detail]

リンクは隣のイタリアンレストランですが…。

今晩、両親に話したら、母親から次のような返答がありました。

「あんたは他の人と違って、自分で必要な情報を得て動くってことが出来てるんだよね」

確かに、就労移行支援事業所へ通い始めの2年間は本当に屈辱感にまみれていましたが、
その経験からなかぽつにしっかりと繋がることが出来たというのもあります。

発達障害者がみんな福祉や支援にありつけるわけでもないし、ひどい話役所や法人の不手際で
然るべき手段を取れない人が多いのを聞くという現実です。

ましてやロスジェネの発達障害者は将来を考えると焦眉の急。
マジでどーすんだよテメェってレベルですわ。

今週のお題「2020年の抱負」

あけましておめでとうございます。
晦日から2日にかけてウィルス性胃腸炎でダウンしてました。

昨年の暮れに買った酒に手を付けられず、涙を呑んで静養…。

昨年からようやく転職活動に本腰を入れられるようになってきたので、
今年で転職活動に終止符を打ちたいです。

来週か再来週あたりに某社との面接が控えているので
どうにか採用にこぎ着けられたらと思っています。