読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Issueおじちゃんの新・ダメおやじ日記

自分の発達障害や日頃考えていることを綴って行きます。

ツイてない時はほんとツイてない

一昨日、ファイターズの本拠地開幕戦黒星スタートに加え、武田勝と稲葉篤紀のピンバッジを落としてしまいました。本当にツイてなさすぎ…orz

土曜日には、某売り場で小学校時代の嫌な奴と出くわし、「おう、Issueか?○×だぁ!」とふてぶてしい態度で応対してきました。さらに、「じゃあ、何なんだ」とにらんだところ、相手も睨み返してきました。一瞬、ビビりましたが、今度やったらサービスカウンターに手紙で出してやろうと思います。マジでざけんな。

威張る奴って何なんだろうね?(怒)

俺も毎度思うんですが、威張る人って何なの?いっつも社会への不満がビシバシ溜まってるわけ?だとしたらこっちがマジで迷惑なんですけど。

例えば、強い奴にも自分の意見をぶつけて渡り合える人ならまだいいわけですが、人を見て威張ってるのは最低の人間だと思います。件の嫌な奴は、典型的な後者のタイプです。彼は自分より力のある人間には絶対に逆らわないし、俺に取るような態度はしないでしょう。

昔の方は、下にあるようないいことばを残しましたね。

「実るほど頭をたれる稲穂かな」

人間が出来ている人ほど、謙虚で逆に人に頭を下げるものですよ。むしろ、自分のやっていることをさもありなんと受け入れてやっているのではないでしょうか。

土曜日に、有田&マツコの討論番組の再放送を見ていましたが、億単位の年商を上げている社長さんは逆に謙虚だったり努力家だからこそ、成功を収めることができたのかなと思います。

特に美容師チェーンの社長の一言は、共感できます。「僕は、不安に感じることが多かったから、人の倍以上の努力をしてきた」努力と言ってしまえば、血へどを吐くくらいのものと感じるかもしれませんが、彼は不安を消すためにやりつくした結果、成功したのかもしれませんね。

老若男女問わず、威張る奴は一番好きになれません。あと、非常にやりにくいタイプとして、柔和な態度を取りながらも、外的コントロールで言うことを聞かそうとする人です。彼らのような人間は、まったくもって謙虚と言えないのではないでしょうか。

「地位が人を求める」という言葉があるように、人間が出来てきたならば、それなりの地位につく道筋が開けると言うこともあるでしょう。威張ってばかりの管理職や笑顔で外的コントロールをチラつかせる管理職に、誰が従うでしょうか。いいえ、部下は面従腹背になって、最低限仕事が進むような態度しかとらなくなるでしょう。

劇的な本拠地初勝利!

3連戦の頭は攝津正にしてやられたこともあり、今日は武田翔太が快調に飛ばしている中、連敗の2文字が脳裏をかすめていました。それでも友達の励ましもあって、自らを奮い立たせ一緒に応援していました。

8回裏の中田翔の3ランには、喜びを爆発させました。2タコの後だったので、喜びもひとしおでした。さすが、球界の番長清原和博の後継者、やる時にはやっちゃう男として飛躍してほしいものです。

今年あたり、首位打者かホームラン王を狙ってほしいですが、イ・デホやおかわり君というライバルがいるので、彼らに負けじとやってほしいと願っています。

ピンバッジは落としたけれど、今日の収穫は中田の大ホームランの立会と木佐貫洋のサイン会終了後の臨時撮影会に参加できたことでした。悪いことだけじゃなくて、いいこともあるんだと学びました。FANSポイントが1000くらい行ってますので、サイン会に応募してみようかと思います。